村重さん

さっしーこと指原さんが移籍してきた時、積極的に話しかけてHKTの初期メンバーとの架け橋になった村重さん。


村重さんに伝えたい。

せっかくの能力、表で活かせるように磨きをかけて欲しい!

『楽屋芸人』で終わっちゃもったいない!

今、活躍してるフットボールアワーの後藤さんにも、岩尾さんの影に隠れて『くすぶっていた』時代があったそうな。


先輩方との飲み会で『今日も、後藤は活躍せんかったな』とイジラレた際に、絶妙な返しをする後藤さんに先輩方の評価が上がっていった、とテレビで紹介されてました。


今はバランス感覚も◎の毒舌家や、絶妙な例えをする人が重用される時代。

今、活躍したいなら、バランス感覚を磨くべきだし、次の時代を狙うなら破天荒キャラでも良いのかもしれない。


みんなの個性が良いカタチで発揮されて欲しい。



HKTの魅力

HKT48の良さは、わちゃわちゃ感。

ライブでの煽りや楽しそうな姿。

総選挙などで仲間の躍進を喜び合う姿、あと、ボスの毒舌など個性豊かなメンがいること。


矢吹奈子さんは歌も踊りもトークもいける、王道アイドル路線もいける逸材。そして奈子さん自身がヲタでペンライトの持ち方が上級者。

テレビ出演の機会もあり、もっと認知度が高くなるべき人だと思うのだが、今年の総選挙ではランクダウンであった。


森保まどかさんは、TEPPENでピアノを弾く技術の高さを評価された。

キレイなお姉さんの印象が強いが、実はかなりヲタ気質というギャップを持つ。

去年の総選挙ではランクダウンで本当に辛そうだったが、今年は笑顔。


宮脇咲良さんは、ヲタが見つけ、推し上げたアイドル。

HKTの運営は彼女をセンターに起用しなかったが、ファンが総選挙で頑張り、ランクインさせた。

そして、東日本大震災の被災地訪問の後で書いた言葉が秋元康氏の目にとまる。

今では総選挙で神7に定着し、AKB48のセンターを任される事もある。


何が言いたいか?

AKB48Gで活躍する人には必ずストーリーがある。

苦労や挫折のストーリーがある人の方が躍進する。

去年の総選挙後、号泣する姿をNHKで放送された2人がいる。

NGTの中井りかさんとおぎゆかさん。

号泣しただけでなく、先輩に声をかけてもらって『ありがとうございました!』と即座に感謝を言葉にしたのだ。


この映像を見た時、ヲタに火をつけちゃったな、と思いました。


本人達の努力&ヲタの結集で、2人は今年とんでもない躍進をしている。


NGTは大躍進し、新公演が約束され、おぎゆかはホリプロ所属が決定。


HKT48のファン&メンバーは今、どんな気持ちですか?


今、HKT48はピンチです。


はっきり書きます。

ピンチがなければ大きなチャンスはない。

(何となく順調って時は、実はヤバかったりするのです。)


やっと巡ってきた大きなピンチ!!

くらいに思って底力を見せる時なんですよ!!!!


最悪。絶望的。報われない。どうせ無理。

そこで腐れば、終わりです。


よくバネに例えられますが、大きく跳ねたいなら、バネは底の底まで、ドン底まで縮んだ状態にしないと大きくとべないんです。


反感を買う覚悟で書くならば、今までのHKT48は楽しく弾むトランポリンでした。

みんな頑張ってるし、楽しそうだし、応援してて楽しい♪


軽やかに弾む状態で、バネを限界まで縮めた状態ではなかった。


こっからは飛躍するために、バネを限界まで縮める。

ドン底から頂点までジャンプする為のガムシャラな努力が必要になります。


HKTのメンバーも、他の48Gのメンバーも、みんな努力してるし頑張ってる。

同じ事をしても埋もれてしまう。

何かひと工夫あれば良いのですが。


とにかく、腐るな!

大きなチャンスだ!

ヲタ自身が心に言い聞かせて、絶対に他のメンバーに嫉妬したり、足を引っ張るような行為をしないように心がけたいものです。


※念の為に書きますが、HKTに今までピンチがなかった訳じゃないです。メンバーやヲタの努力が足りないとは思っていません。

これまで頑張ってきたんだから、ここで諦めたら、腐ったらもったいない!!と言いたくてこの記事を書きました。